押入れ収納にピッタリ! 100円の「バルブ付き収納袋」の使い方!!


押入れは収納力たっぷりなので、狭い都心の家でも大活躍をします!

しかし、上手に収納しないと取り出しにくかったり
活用できなくなったりしてしまいます…。

「バルブ付き収納袋」は押し入れにピッタリ!

そんな中で「バルブ付き圧縮袋」を使う方も多いのではないでしょうか?
布団や衣類を三分の一の厚さにまで圧縮できるので、スペースを生み出すことができます!

布団衣類だけでなく、ぬいぐるみや他のかさばるものも便利に圧縮して収納ができます!
こんな便利な商品が今では100円ショップで手に入るようになったのは嬉しいですね!

基本的な使い方を知っていますか?

しかし、意外と「バルブ付き圧縮袋」の使い方を知らない人も多くいます。
というのは、使う機会が全くなかった人も多いからです。

例えば、学校や仕事のために都心へ出てきた人などは、
「実家では収納が沢山あったので、圧縮する必要なんてなかった」
ということもありますね。

それで、布団を収納する場合を例にとって
基本的な使い方を下記にまとめます!

◆布団を乾燥させる

布団を袋に入れる前に、汚れを落とし、
天日干しをしたり乾燥機に入れたりして
しっかりと乾燥させます。

これは、単に入れる前に清潔にするというだけでなく、
ダニカビの繁殖を防ぐ”という重要な役割があります。

バルブ付き圧縮袋を使って収納をすると
密閉されることになるので
布団にとっては「通気性が悪い」状態が続きます。

ダニやダニの餌が多く残っている状態で保存すると
ダニが大量発生してしまいまう原因になってしまいます…。

カビや湿気や水分が残っていると
カビが大量発生してしまいます…。

それを避けるためにも、清潔で、乾燥させた状態で
圧縮袋に入れるようにしましょう。

◆圧縮袋に入れる

圧縮袋に入れて掃除機で空気を吸い取ります。

中の空気が無くなりしぼんでいく様子は
見ていて楽しいものでもあります。

注意は、その時に、せっかくキレイにした布団が汚れたり、
水分が付いてしまったりしないようにしたいですね。

◆掃除機に注意

吸引をするための掃除機は、
コードレスタイプの掃除機だと
弱くて上手くいかないことがあります。

一例として、ダイソンのコードレスの掃除機で試してみましたが、
吸引力はあるものの、掃除機の先がバルブに合わず
使うことができませんでした…。

また、バルブ付き圧縮袋の注意書きにも、
「必要以上の吸引(約1/3以上の圧縮や)
40秒以上の吸引は掃除機に負担がかかり
故障の原因となりますので止めてください。」

とも書かれていました。
掃除機の使い方にも注意したいですね。

また、空気漏れにも注意が必要です。
圧縮するときに空気が漏れていないように見えても、
数日後に膨らむこともあります。
チャックは確実に閉じるようにしたいですね。

まとめ

バルブ付き圧縮袋は
最初に使うのが難しいこともありますが、
押入れの収納スペースを上手に使えます。

100円で手に入る圧縮袋も耐久性があり、
何年も使えることもあります。

安く手に入る圧縮袋を上手に使って、
キレイな部屋を目指したいですね。

 

良い質の商品のほうがいい方にはこちらがお勧めです。

この記事を読んだ人におススメ!

押し入れの収納ーキャスター付きを選ぶ理由! 選ばない理由!

室内物干しをオシャレに! 安さも両立する方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA