狭いキッチンのスペースを広げる!3ウェイ水切りを検証してみました!


キッチンが狭いと時間もストレスも増えますよね?

どんなに料理上手でも、狭いキッチンでは本領発揮できません…。

特に普段広いキッチンで慣れている人は、狭いキッチンを使うと全然対応できないこともあります…。

そんな需要にこたえる商品を見つけました!

「調理スペースが広がるトレー&水切り」

オークス株式会社の手掛ける”Leye”というシリーズの中に「調理スペースが広がるトレー&水切り」という商品がありました!

パッケージに3WAYと書かれている通り、狭いキッチンで3通りの活躍を見せてくれます!

見た目に惹かれたので是非使ってみたくなりました!

それで、購入後、狭いキッチンに持っていき実際に使って検証してみました。

その結果、とてもよく考えられていることが分かり、狭いキッチンには必需品のようにも思えてきました!

水切りなのに、シンクに置ける!

普通の水切りは、シンクの横に置くことが多いですね?

でも、そうすると、まな板やお皿を載せる場所が無くなってしまいます…。

 

そこで、この商品をシンクの中に収め、水切りとして使えば、それだけでスペースが広がりますね!

この商品は、形も持ち手もちょうどよい感じでシンクの端に引っかけられるようにできており、シンクの中に気持ちよくピタっと収まります!

天板として使える!

そして、付属のステンレスの蓋を閉じると、天板として使えます!

これがこの商品の一番の魅力だと思います!

凄いのは、シンクにピッタリと収まるだけでなく、ぐらつきもほとんどなく、安定しています!

この安定感には驚きで、まな板をシンクと天板にまたぐように置いたとしても、ストレスなく包丁を使えます!

もちろんシンクの半分近くを占領してしまうので、シンクのスペースは狭くなりますが、それでも空いたスペースで蛇口は使用可能です。

いわゆる普通の水切りとしても使える!

天板のステンレスを下に敷けば、普通の水切りとしても使用可能です。

なので、水切りとして使う場合、シンクの中に置いたりシンクの横に置いたり、移動させながら使うのも一つの手ですね!

もちろん普通の水切りとしても活躍!

水切りカゴとしても優秀で、多くの物を載せてもぐらついたりすることはありませんでした。

シンクの中に置いておけば、水はけが最高なのは嬉しいですね!

まとめ

3通りの方法で使える水切りを試してみましたが、使う人のことがとてもよく考えられていて、感激しました!

ただ、カゴを移動させるのは今まで行っていなかった動作になるので、慣れが必要かと思いました。

でも、作る時の動きになれれば、狭いキッチンには必需品とも呼べる存在になると感じました!

キッチンの改装などは費用もかさむので、上手にやりくりすることで、効率の良さと経済的を両立したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA