扇風機の収納…夏の終わりに毎年困る…を解決!


暑い夏を乗り切るために、上手に扇風機を使うと電気代の節約を期待できますね!

広い家では便利なことはもちろん、小さな家でも扇風機があるとずいぶん快適に過ごせます!

でも、毎年、使い終わった後の扇風機の行き場に困ります…。

押入れクローゼットの中が定番ですが、あの独特の形のためにスペースを占領してしまいます…。

100均のカバーを活用できるが…

押入れやクローゼットに扇風機を長期間収納する場合、100円ショップなどで売られている扇風機用のカバーをかけておくと扇風機をホコリから守ることができますね!

扇風機は単純な構造ですが立派な電気製品なので、ホコリ湿気からはしっかりと保護しておきたいです。

しかし、結局スペースを占領することに変わりはありません…。

何か良い方法はあるでしょうか…?

 

方法1:サーキュレーターに変えてみる!

定番の方法ですが、扇風機からサーキュレーターに変えると、は涼むため、は空気を循環させるために使えます!

つまり収納する必要がなくなりますね!

サーキュレーターの弱点は、扇風機と比べると低い位置から風を送ることです…。

どうしても高い位置から風を送りたい夏場は台などに乗せたくなります、

でも、サーキュレーターを何かに載せると一気に雑然としてしまいますね…。

 

よい方法があるでしょうか?

方法2:オシャレなサーキュレーターにしてみる!

台に乗せても違和感のないように、オシャレなサーキュレーターを選ぶことができます!

輸入品などは高価になりますが、一年中置いておくならその価値ありですね!

 

こんな製品もある!

床に置くか、クリップするか迷うこともありますが、両方ができる扇風機も登場してきました!

山善 18cm卓上・クリップ扇風機 (風量2段階) ホワイト YDS-CA185(W)
山善(YAMAZEN)
固定リンク: http://amzn.asia/9TBU0rG

用途に応じて、ここまで変わるのは大変便利です!

これなら夏には扇風機として、冬でもサーキュレーターとして、一年中出しておいても違和感のないように工夫ができますね!

 

雰囲気を変えてみる!

扇風機を選ぶとき、レトロな雰囲気のものを選んだり、部屋のインテリアに合わせたりするするのも一つの方法です!

このように飾りとしての付加価値を持たせることができますね!

一年中出しておくと、ホコリを掃除するのが大変ですが、その価値はありそうです。

まとめ

扇風機は押入れやクローゼットに収納すると一気にスペースを埋めてしまいます。

購入前に収納方法も考えて、ステキな部屋を目指ざしていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA