ホームセンターで買うか?それとも100均か? 2度手間防止のお役立ち情報!


 

100円ショップでもDIY用品を扱うようになりましたね。まるでホームセンターのような陳列を見かけることもあります。

それらに違いはあるんでしょうか?

違いを知っていれば「ホームセンターで買っておけばよかった~!!」とか

「100均で済んだのに~」ということが減らせます。

そこで、後悔や2度手間を踏まないためのお役立ち情報をまとめました。

  • ネジ・ビス・釘 など
  • プラスチックケース
  • 工具
  • 木材

ネジ・ビス・釘 など

insert1

値段だけを見比べてみると、

100円ショップで売っているのと同じようなビスは、

ホームセンターでは150円前後で売っている印象です。

これだけ見ると、100円ショップで見つかればラッキー!とも見えます。

しかし、種類に差がありますね。

100円ショップでステンレス製は少ない!

当たり前ですが、ビスの種類の量では100円ショップはホームセンターにかないません。

特にステンレス製は鉄製に比べて価格が2~3倍ほど高いですから、100円ショップで販売するのは難しいようです。
もちろん、100円ショップでステンレス製のビスを見かけることもありますが、ほとんど見かけないのが現状です。

それで、出会える確率が低いことと、コストパフォーマンスを考えると、強くて錆びにくいステンレスのビスがほしい場合はホームセンターに直行してもよさそうです。

その一方で、100円ショップのビスの魅力の一つは、数種類ひとまとまりになっている商品が多いことですね。
例えば、カラーボックス用のビス(釘)がホワイト・ブラック・ブラウンの3種類がセットになって販売されています。ビス関係もよく使うものがセットで売られていることもあります。

ホームセンターでバラバラに購入するよりも、はるかに費用を抑えられる場合がありますね。

まとめると…

・種類の豊富さでは断然ホームセンターが有利!

・ステンレス製は高価なので100円ショップでは見かけない。

・数種類が必要であれば100円ショップがお得なことも!

プラスチックケース

insert2

以前は、大きなものはホームセンター、小さいものは100円ショップと思っていましたが、今では100円ショップでも大きいサイズが増えていますね。

ただ、値段が全然違いますよね。

ホームセンターで600円~800円で売られているパーツケースと同等のものを100円ショップで見つけたことがあります。

ホームセンターでも150円~500円の低価格帯のプラスチックケースも用意されていますが、当然100円よりは高くなってしまいます。

プラスチックのケースは、まずは大きめの100円ショップに行ってから考えたいですね。

・意外と大きなサイズも100円ショップにある

・値段の差が大きいので、まずは100円ショップへ。

工具(ドライバー・ペンチ・ニッパー)

insert3

100円ショップでは、普通のドライバーから特殊な形のドライバーに至るまで豊富に扱われるようになりました。
また、ペンチやニッパーまであるので、並んでいる姿はまるでホームセンターのようです。

100円ショップは雑な作りが多い

でも、100円ショップの工具は、ドライバーのように動きのない(少ない)工具はいいかもしれませんが、ペンチのような動きのある工具は動きが鈍いことがあります…。工具によって作業効率が下がってしまうのは残念ですね…。

またニッパーの切れ味はよくありません。刃のかみ合わせなども限界があるようです。

しかし、まれに、かみ合わせの良い”アタリ”の工具もあるので、店頭でチェックしてみるとよいかもしれません。

・特殊な形のドライバーなどは100円ショップもあり。

・動きのある工具(ペンチ・ニッパー)は使いづらいことが多い。

木材

insert4

小さな木材であれば100円ショップで扱われるようになりました。

5cm x 5cm 程度の小さいものから20cm x 50cm程度の大きさのものも買えるようになりました(200円や300円の値段がついてはいますが)。

木目調の板

100円ショップで木目調の板を見てみると、一見、色も木目もきれいだと思いましたが、よく見ると、曲がっているものが多かったです…。

ある程度曲がっていても大丈夫な用途に使うようにしたいですね。

MDFボード

意外とよかったのがMDFボードです、使いやすい大きさに切ってあり、MDFボードなので加工面もきれいです。

他に売っているリメークシートなどと組み合わせれば、DIYの幅が広がりますね!

有孔ボード

言わずと知れた穴が開いているボードのことですが、100円ショップでも見かけるようになりました! 有効ボードはDIYでも大活躍しますので、100円ショップで扱われるのは嬉しいですね!

100円ショップの小さい板でDIYを行ってみて、慣れたらホームセンターに行ってみる…という方法もアリですね!

まとめ…

DIY用品も100円ショップに増えてきましたが、一概に「100円ショップに行ってからホームセンターへ…」ということでもないようです。

売っているものの傾向を把握しておいて、二度手間を減らしたいですね!

この記事を読んだ人におススメ!

100均セリアの”ウォールディスプレイ”5種類を徹底解剖!

連休中のDIYで気を付けたいこと! 5つ!

つっぱり棚は何故落ちる? の巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA